SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タロット占い師 mimiel

タロット占い師mimiel(ミミエル)のblogです

<< 夏っぽい! | main | GISELe編集部に行ってきました >>
掲載誌
0
    あけましておめでとうございます。
    個人占いでご連絡頂いている方々、なかなか会を開けずにごめんなさい。
    場所が、ちょっと悩みどころなのです。いいところがありましたら反対に教えて頂けたら嬉しいです。

    遅ればせながら掲載媒体です。
    毎号のZipperと、現在発売中の雑誌GISELeでなんでも占いランキングの監修とライティングをしています。まだ書店にあると思いますので、機会があればぜひご覧下さい。
    ご縁がありまして、3/28発売分より連載にしていただけるそうです。
    記念すべき連載二本目。ありがとうございます。

    GISELeで占ったところだと、今年は牡牛座、蟹座、蠍座あたりが勢いがありそうですね。
    私は山羊座なのですが...まあまあと言ったところでした。

    Zipperはモバイルコンテンツもリニューアルされるようで、
    また占いを提供します。
    こんなシステムは到底自分ではできないので、楽しみです。
    できたらご報告させて頂きます!

    個人的なことと言えば、今月末から3年ぶりくらいにパリに参ります。
    極寒のパリ...日照時間も短いのでその点はかなり憂鬱なのですが、なんと言ってもソルドの時期! ラファイエットに通いそうです。
    1/26〜2/5までご連絡等遅くなるかと思います、すみません。


    そしてそして。いつもお世話になっている出版社で、ご縁あってお仕事させて頂いたことのある編集の方が担当された作品が、直木賞をとられたとのことです。白石一文さん『ほかならぬ人へ』。

    『ほかならぬ人へ』¥1680 祥伝社
    紹介引用します。
    “二十七才の宇津木明生は、財閥の家系に生まれた大学教授の父と、学究の道に進んだ2人の兄を持つ、人も羨むエリート家系出身である。
    突然、周囲の反対を押し切って結婚したなずなが明生に対して、過去につきあっていた真一のことが気になって夜も眠れないと打ち明ける。
    結婚後の真一との関係を問いただすと、彼女は逆上して家出をしてしまう。
    2人の結婚は間違っていたのだろうか? 失意の明生は徐々に自暴自棄になっていくが....(『ほかならぬ人へ』)。愛の本質を問う傑作中篇『ほかならぬ人へ』『かけがえのない人へ』の2篇を収録。”

    ムック『Feel Love』で白石さんは、「少なくとも現代におけるベストな恋愛と結婚を考える上での手がかりは、たくさん詰め込んだつもり」とインタビューで答えています。読むのが楽しみです。


    では、皆様にとって良い一年になりますよう。
    mimiel
    | お仕事 | 02:48 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.mimiel.com/trackback/1249861